銀の道宿泊利用約款

第1条(本約款の適用範囲)

1.当ペンション(以下当館という)が宿泊者との間に締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款に定めるところによるものとし、この約款に定めの無い事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
 2.当館は、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で、特約に応ずることができます。この場合には、前項の規定にかかわらず、当該特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申し込み)

1.当館に宿泊契約の申し込みをしようとする者(以下申込者という)は、次の事項を申し出ていただきます。
    1)宿泊者名
    2) 宿泊日及び宿泊人員
    3) 到着予定時刻
    4) その他当館が必要と認めた事項
 2.宿泊者が、前項(2)の宿泊日を越えて宿泊の継続を申し入れた場合、その申し入れがなされた時点で、新たな宿泊契約の申込みがあったものとします。

第3条(宿泊契約)

宿泊契約は、当館が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。

第4条(宿泊契約締結の拒否)

当館は、次の場合において、宿泊契約の締結又は宿泊の継続をお断りすることがあります。
 1.宿泊の申し込みがこの約款によらないものである時。
 2.満室(満員)により客室に余裕のない時。
 3.宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定又は公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められる時、又はそれが認められた時。
 4.宿泊しようとする者が、伝染病に罹患していると明らかに認められる時、又は認められた時。
 5.宿泊に関し特別の負担を求められた時。
 6.天災、施設の故障その他止むを得ない理由により宿泊させる事が出来ない時。
 7.当館が別に定める『こなつからのお願い』『ペット宿泊規定』に従っていただけない時。

第5条(利用規則の遵守)

宿泊者は、当館の利用に際し、『こなつからのお願い』『ペット宿泊規定』に従っていただきます。

第6条(宿泊者の契約解除権)

1.宿泊者は、当館に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
 2.当館は、宿泊者がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した時は、当館が別に定める「違約金申し受け規定」により、違約金(キャンセル料)を申し受けます。
 3.当館は、宿泊者が連絡の無いまま宿泊当日の午後7時になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊者により解除されたものとみなして処理し、違約金を申し受けます。但し、宿泊者が連絡をしないで到着しなかった事が、列車等公共運輸機関の不着、遅延その他、宿泊者の責めに帰すことのできない事由によるものである時は、この限りではありません。

第7条(当館の契約解除権)

当館は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。
 1.宿泊者が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められる時、又は同行為をしたと認められる時。
 2.宿泊者が伝染病に罹患していると明らかに認められる時。
 3.宿泊に関し、特別な負担を求められた時。
 4.天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができない時。
 5.当館が定める『こなつからのお願い』『ペット宿泊規定』に従わない時。


第8条(宿泊の登録)

宿泊客は、宿泊日当日、当館において次の事項を登録していただきます。
 1.宿泊客の氏名、年齢、性別、住所及び職業等
 2.外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日
 3.その他当館が必要と認める事項

第9条(客室の使用時間)

1.宿泊客が当館の客室を使用できる時間は午後3時(コテージは4時)から翌朝10時までとします。但し、2日以上連続して宿泊する場合において、当館の了解を得た場合は終日使用することが出来ます。上記時間を変更する場合は宿泊契約締結時に明示します。
 2.当館は、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応じることができます。この場合には次に掲げる追加料金を申し受けます。
    1)超過1時間につき、室料金の10%(※1)
    2)超過6時間以上は室料金の100%(※1)
     ※1 室料金は、1人分の室料に利用人数を乗じて算出することとします 。

第10条(宿泊利用料金の支払い)

1.宿泊者が支払うべき宿泊利用料金等の内訳は別途定める『料金表』(名称変更可)によります。
 2.宿泊利用料金の支払いは、日本国通貨により、宿泊者の出発の際又は当館が請求した時に行っていただきます。
 3.当館が宿泊者に客室を提供し、使用が可能になった後に、宿泊者が任意に宿泊しなかった場合においても当館は第1項の宿泊料金を申し受けます。

第11条(当館の責任)

当館は、当館の故意または過失により、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行につき宿泊者に損害を与えたときは、その損害を賠償します。

第12条(宿泊の責任)

当館の宿泊に関する責任は、宿泊者が宿泊の登録を済ませた時に始まり、宿泊者が出発のため精算を済ませた時に終わります。

第13条(契約した客室の提供ができないときの取り扱い)

2.当館は、前1項の規定にかかわらず他の宿泊施設の斡旋ができない時は、違約金相当額の補償料を宿泊者に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。但し、客室が提供できないことについて、天災等の当館の責めに帰すべき事由によるものでない時は、補償料を支払いません。

第14条(寄託物等の取り扱い)

1.宿泊者がフロントにお預けになった物品、現金または貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じた時は、それが不可抗力である場合を除き、当館は、その損害を賠償します。但し、現金および貴重品については、当館がその種類及び価額の明告を求めたにもかかわらず、宿泊者がそれを行わなかった時は、当館は1万円を限度として損害を賠償します。
 2.当館は、宿泊者が当館内にお持ちこみになった物品、現金または貴重品であって、フロントにお預けにならなかったものについて、当館の故意または過失により滅失、毀損などの損害が生じた時は、当館はその損害を賠償します。但し、宿泊者から予め種類及び価額の明告がなかったものについては、5千円を限度として損害を賠償します。

第15条(宿泊者の手荷物または携帯品などの保管)

1.宿泊者の手荷物が、宿泊者に先立って当館に到着した時は、その到着前に当館が了解した時に限って責任を持って保管し、宿泊者がフロントにてチェックインする際にお渡しいたします。
 2.宿泊者がチェックアウトした後、宿泊者の手荷物または携帯品が当館に置き忘れられていた場合において、その所有者が判明した時は、当館は当該所有者に連絡するとともに、その指示を求めるものとします。但し、所有者の指示がない場合または所有者が判明しない時は、発見日を含め7日間保管した後、最寄りの警察署に届けます。
 3. 前1項および2項に定める宿泊者の手荷物または携帯品についての当館の責任は、第1項の場合にあっては第14条第1項の規定に、第2項の場合に合っては同条第2項の規定に準じるものとします。

第16条(駐車の責任)

1. 宿泊者が当館の駐車場をご利用になる場合、車両キーの寄託の如何にかかわらず、当館は場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。但し、駐車場の管理に当たり、当館の故意又は過失によって損害を与えた時は、その損害を賠償します。
 2.前1項の賠償額は、当館および宿泊者の過失責任度合いにより算出するものとします。

第17条(宿泊客の責任)

1.宿泊者が故意、または過失などの責めに帰すべき事由により、当館の施設及び什器、備品を毀損又は紛失された時は、当館はこれにより生じた損害を賠償していただきます。
 2.前1項の賠償額は、宿泊者および当館の過失責任度合いにより算出するものとします。

第18条(ペットの宿泊及び保管)

宿泊者が同伴しているペットの宿泊及び保管については、別途定めるペット宿泊規定によるものとする。

<このページの先頭に戻る>

2004年4月1日制定

2008年3月20日改定
  銀の道宿泊利用約款補則1〔違約金(キャンセル料)申し受け規定〕


第1条基本違約金(キャンセル料)申し受け規定


 第1項 一般客の場合、以下の料金をそれぞれ申し受けます。
宿泊予定者1名についての基本宿泊料(※2)に対する割合
不泊(*3)当 日前 日      
100%30%10%      
 第2項6名以上のグループの場合、以下の料金をそれぞれ申し受けます。
    ◆全部キャンセルの場合
宿泊予定者1名についての基本宿泊料に対する割合
不 泊当 日前 日      
100%50%20%      
    ◆一部キャンセルの場合
キャンセル者1名についての基本宿泊料に対する割合
不 泊当 日前 日      
100%30%10%      
 第3項貸切契約の場合、以下の料金をそれぞれ申し受けます。
貸切基本宿泊料に対する割合
不 泊当 日前日~3日前4日~7日前8日~14日前
100%60%30%30%20%

第2条トップシーズン期間違約金(キャンセル料)申し受け規定

 第1項 一般客の場合、以下の料金をそれぞれ申し受けます。
宿泊予定者1名についての基本宿泊料に対する割合
不 泊当 日前日~3日前4日~7日前   
100%80%50%30%   
 第2項6名以上のグループの場合、以下の料金をそれぞれ申し受けます。
    ◆全部キャンセルの場合
宿泊予定者1名についての基本宿泊料に対する割合
不 泊当 日前日~3日前4日~7日前8日~14日前
100%80%50%30%20%
    ◆一部キャンセルの場合
キャンセル者1名についての基本宿泊料に対する割合
不 泊当 日前日~3日前4日~7日前   
100%80%30%20%   

  ※2 基本宿泊料:室料+朝・夕食(予約時から1泊朝食付きの時はその料金)
  ※3 不泊:宿泊しない旨の連絡のないこと

<このページの先頭に戻る>

2004年4月1日 制定
銀の道宿泊利用約款補則2〔ペット宿泊規定〕

第1条宿泊可ペットの条件

1. 普段からお部屋で寝食をともにし、トイレが決められたところで出来る及び無駄吠えをしないなど、基本的なしつけができているわんちゃんは、お部屋で宿泊できます。
 2. 狂犬病、混合ワクチン等の予防接種をしていないわんちゃん猫ちゃんは宿泊できません。
 3. ケージ持参の猫ちゃん、小鳥及び小動物はお部屋で宿泊できます。
 4. 1項、2項、3項に該当しないペットは、入館出来ません。

第2条館内のペットが利用可スペース

ペットは厨房、浴室以外のスペースは自由に利用できます。

第3条館内のペットの管理

1. ペットは入館する前に足洗い場で足を洗い、備え付けの足拭きタオル等を使って足跡がつかないよう綺麗に拭いてください。但し、車の中でもずっとケージを利用した等で、初めから足が綺麗と判断されるペットは、前述の作業を省くことが出来ます。足が綺麗になったペットは、床の上を歩くことができます。
 2. ペットをケージ等から出して共有スペースを利用する時は、トラブル防止のため必ずリードをつけてください。
 3.まずそのようなことは無いようにしつけておられると思いますが、うれしなんとかのような万が一の事故を防ぐ為、お布団やベッドの上にペットを乗せないでください。
 4. お食事の時、ペットはお部屋で待たせても良いし、食堂に連れてきてもどちらでも構いません。但し、お部屋で静かに待てない時は、食堂に連れてきてください。それでも、静かに待てない時は、申し訳ありませんが、お車(車の窓は締め切ったままで)で待たせてください。
 5.小鳥はケージから出さないでください。
 6.飼い主が一緒に居ないときには、猫ちゃん及び小動物はケージに入れてください。
 7.飼い主が入浴時、わんちゃんが静かにお部屋で待っていられない可能性が有る場合は(特に初めてのお泊りのような場合)、交替で入浴してください。
 8.ペンションの周りは林があり、音の反響が大きいので、小さな音でも意外と大きく聞こえます。無駄吠えを続けますと、同宿のお客様のみならず、ご近所にも迷惑が掛かりますので、ご配慮をお願いします(特に夏は窓が開いているので・・)。
 9.宿泊者は同伴ペットが当館の施設、什器、備品に損害を与えないように見守ってください。
 10.お車でわんちゃんを宿泊させる場合は、夜中に怪しい気配を感じたり、寂しくて飼い主さんを呼ぶために吠えることがありますので、お車の窓は閉めきってください。

第4条ペットの預かり

1.お出かけの時にペットをお部屋に一人で置いて行かないでください。
但し、スキーなどペットの同伴が出来なく、なおかつ猛暑、極寒などの悪環境下で長時間車中で待たせることがペットに悪影響を与えるなどの理由があるときはお預かりします。
 2.一人で静かに待てないわんちゃんは、お預かりできません。
 3.ペットはケージに入った状態で、保管登録場所(食堂)でお預かりします。
   注)当館は動物愛護法による動物取扱業者に登録業済みです。
2008年3月20日制定

<このページの先頭に戻る>