このコーナーでは、銀の道の暮らしのトピックスを写真でお送りします。

(写真をクリックしてください。大きくなります。)

YPAスノーシュー講習会

家内の友達の森の小道さんと3人で、ピラタスロープウェイを使い、北横岳の坪庭のスノーシューに出かけました。当日は日ごろの行いがよかったのか、吸い込まれるような青空で、ガイドをお願いした原村のペンションラディッシュガーデン小川さんもこんな天気は初めてだとおっしゃっていました。

あれが目的地
2006/02/16 15:21:28
正面左の雪を頂いているのが車山、正面すぐ左がこれから行くピラタスロープウェーがある北横岳です。それにしても空が青いですね。



もうすぐ山頂駅に到着
2006/02/16 15:12:10



ロープウェーの山頂駅で出発の準備
2006/02/16 15:11:55
私は帰りにスキーで滑って降りるので板と靴をチェーンで縛り付けて確保。




坪庭の入り口
2006/02/16 15:11:56
準備体操をして、注意書きを読んで、サー出発。



南アルプス
2006/02/16 15:26:50
ここから見る南アルプスは、いつもと見え方が違いました。
左から北岳、甲斐駒、仙丈岳。



雪に埋まった御柱(おんばしら)
2006/02/16 15:11:56
インディアンのテントのように見えますが、御柱です。



雪の張り付いたもみの木
2006/02/16 15:19:40
今年は雪が少ないので、例年見える樹氷が見れません。残念です。



雪原
2006/02/16 15:11:57
この雪の下には高山植物が埋まっています。入らないようにしましょう。





坪庭めぐり
2006/02/16 15:12:10
坪庭は風が強く、帽子をかぶっていられません。




雪の風紋
2006/02/16 15:11:57
激流に逆らう岩のようですね


吹雪の中を?
2006/02/16 15:11:59
風が激しく雪を舞い上げて吹雪みたいでした。



縞枯れ山荘
2006/02/16 15:12:09
後ろに見えるのが縞枯れ山荘です。
一目見るために立ち寄りました。


スイッチバック
2006/02/16 15:12:09
縞枯れ山荘を背中に写しています。右に見えるのが来た道。
左の人影が見えるのがこれから行く道です。



私きれい?
2006/02/16 15:12:08
ふみ後の無いまっさらの雪面と真っ青な空。もう〜最高。



落っこちた〜
2006/02/16 15:12:08
スノーシューをつけていても、
ガイドの小川さんが深い雪に沈み込みました。



今度は私
2006/02/16 15:19:42
人のことを笑っていたら、自分が沈み込んでしまいました。





3大アルプス
2006/02/16 15:21:28
左から南アルプス(北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈岳)、
中央アルプス(木曽駒ケ岳)、
北アルプス(御岳、乗蔵、槍ヶ岳)。




立ち枯れの原っぱ
2006/02/16 15:11:59
強風のためと思われる立ち枯れの多い広場で一休み。
遠くの山々や山頂駅も見えすてきな眺望です。




木曽駒ケ岳、御岳、乗蔵、槍ヶ岳
2006/02/16 15:21:29



森を抜けてLET’GO
2006/02/16 15:19:42
これから森の中の小道を抜けて五辻のほうへ。


絵に描きたいなー
2006/02/16 15:12:00



氷の結晶
2006/02/16 15:12:00
この雪の下は渓流に掛かる橋です。気温が高く雪が解けている中、ここだけに雪の結晶ができていました。



ツララ
2006/02/16 15:12:01



森の途中の見晴台
2006/02/16 15:12:05



雪のトンネル
2006/02/16 15:12:01
雪の重みで、松がたわみトンネルのようになっています。いつ雪が落ちてくるか心配です。


さあお昼だよ!
2006/02/16 15:12:05
縞枯山のふもとの五辻で、お昼にしました。



ウサギの糞
2006/02/16 15:12:02
風で雪が積もって足跡が隠されたのか、一個だけ見つかりました。






帰り道
0213 034
五辻からの帰り道も、ちょっと道を外れては、新雪をのところを歩きました。

無事到着
2006/02/13 15:21:55
今日は本当にすばらしい天候に恵まれ、小川さんの素敵なガイドもありたっぷり楽しめました。


山梨県ペンション連合会のスノーシュー講習会で再びピラタスにきました。この日はロープウェー
が休止であったので、中腹まで登って降りてきたので、汗をかきました。この日は暖かくなったせい
か、道中霧が出てどうなることかと思いましたが、現地は晴れてまあまあの天気でした。


スパティオに集合
2006/02/23 09:04:20

小淵沢のスパティオに集合して主催者の車に分乗してピラタスに向かいます。
主催者の多賀さんとガイドのフジケンさんの紹介がありました。



用具を調えて出発
2006/02/23 10:00:43

ピラタスの駐車場に車を置いて、今日はロープウェーが休止なので歩いて上るそうです。
ロープウェー乗り場で用を足して準備万端。オリエンテーリングを受けて出発しましたました。


まだ歩き始め
2006/02/25 17:15:44

手前から風路ママ、ZOOMママ、乙女座宮ママ、スターパーティーさん。


南アルプス
2006/02/23 11:22:41

左から鳳凰三山、北岳、甲斐駒、仙丈岳。



八ヶ岳
2006/02/23 11:24:21

右からなだらかなスロープを持ったのが西岳、編笠山、その左のごつごつしたのが権現岳、阿弥陀岳、一つ見える尾根(黒く見える山)を越した次ぎの山が赤岳、手前の稜線が邪魔しているけれどずうっと左にいってぽつんと白く見えるのが天狗岳。



一休み
2006/02/25 17:15:45

雲が出てきました。左からZOOMママ、乙女座宮ママ、スターパーティーさん、風路パパ、風の季さん。




風の造形
2006/02/23 11:39:22
雪がぽこっと盛り上がっているのが見えますか。
やわらかい雪が降った後に、動物が歩き足跡が硬く押し固められ、
その後強い風が周りのやわらかい雪を吹き飛ばして、
固められた雪が表面に現れて出来た盛り上がりだそうです。
もっと円筒形になったのを見たこともあるそうです。


頑張って
2006/02/25 17:15:47

ダケカンバの林を縫ってひたすら登ります。



ガイドさんの説明に聞き入る参加者
2006/02/25 17:15:47

手前からジャングルポケットさん、風路パパ、風の季さん、一人置いてZOOMママ。



マタギのおじさんかな
2006/02/25 19:16:55

フーフーいいながら歩いている先頭は私です。厚手のスキーウェアーを着てきたので、登っているうちに熱くなって、背中に羽織って歩いています。



もう少しでお昼です
2006/02/25 17:15:48

最後のひと踏ん張り。3人置いてスターパーティー夫妻、風路パパ、風の季さん、ZOOMママ。



オーイ!
2006/03/02 21:47:36

もうすぐお昼。その前に一枚。



お昼のテーブル作り
2006/02/23 12:10:44

主催者の皆さんがテーブル作りをしてくれました。食事は、チーズとチョコレートのフォンデュで美味しかったです。



昼食の準備
2006/03/02 21:52:00

ガイドのフジケンさんが昼食の準備中です。



チーズフォンデュ
2006/03/02 21:48:37

コメントは不要でしょう。



昼食の一こま
2006/03/02 21:47:35

美味しそう、俺にもくれよ。
一本どうぞ。



美味しいよ
2006/02/25 19:16:55

ジャングルポケットさんが持っているのは、チーズフォンデュ。私が手に持っているカップの中にはホットワインが・・・(何処に行っても酒は欠かせません)



もう食べれない
2006/03/02 21:49:28

昼食を終わって大満足。 左から乙女座宮さん、スターパーティーご夫妻、シェムニさん、一人置いてみちくささん、二人置いてZOOMママ。



記念撮影
2006/02/25 19:17:50

スノーシューを前に記念撮影。




ウサギの足跡
2006/02/23 14:03:09

前の2つの足跡が後ろ足で、後ろの小さな足跡が前足だそうです。
ちょっと跳び箱とびみたいに跳んでゆくのでこのような跡が着くそうです。


雪を蹴立てて(1)
2006/03/02 21:48:35

斜面を駆け下りました。





雪を蹴立てて(2)
2006/03/02 21:48:36
ペアハットさんが倒れても、みんな自分の身が大事。無常にも無視して側を夢中で駆け下りました。


雪を蹴立てて(3)
2006/03/02 21:47:37

女性だって遠慮はしていません。



雪を蹴立てて(4)
2006/03/02 21:47:37

仙人の風格、悠然と。



雪を蹴立てて(5)
2006/03/02 21:47:36

スノーシューを使うより転がったほうが早いよ。



鹿の足跡
2006/02/23 15:07:37

二つに分かれたひづめの跡が見えますか。



シャクナゲ
2006/02/25 17:15:51

寒いので葉っぱが縮こまって丸くなっています。暖かくなると葉っぱが開くそうです。




ウサギとリスの足跡
2006/02/25 17:15:51

もう終わりに近くなった頃、貯水池の近くで2つの足跡が右と左に平行して
同方向についていました。左がウサギ、右がリスです。比較してみてください。