ホームページ | 地域別インデックス | 山梨のハイキング|共同空室情報 | ペンション検索

 
天文10(1541)年、父・信虎を追放し武田晴信(信玄)が武田氏の家督を継いだ時の領土は、父・信虎が平定した甲斐の国と信濃の国の一部(佐久方面の海ノ口あたり)であった。その後諏訪を平定し、以後70回を越える戦の中で、信濃全域から上野、駿河・遠江、三河、美濃・飛騨、へと広大な領土を築き上げた。
 
※天文10(1541)年の領土
 
※天文17(1548)年、諏訪を平定
 
※永禄4年(1561)年、信濃を平定。第4回の川中島の戦いで、山本勘助戦死
 
※元亀4年(天正1)(1573)年、織田信長が足利義昭を追放し、 室町幕府滅亡
 
※元亀4年(天正1)(1573)年4月信玄死去。これを境に武田氏の没落が始まる。


トップページ
風林火山歴史探訪
信玄の戦の舞台
信玄の隠し湯と金山
棒道
山本勘助由来の地